不当解雇とは法律や就業規則などに基づかない理由で解雇されることであり、そこには上司などの個人的理由が関係していることがあります。万が一こういった対応を受けた場合においては、すぐに弁護士に相談をすることが大切です。

弁護士に相談をすれば自分がどうすれば良いかアドバイスをくれるため、すぐに的確な対応を取ることが出来ます。ただすべての法律事務所で扱っている案件ではないので、その点については依頼前に注意をすることがポイントです。

自分か会社から不当解雇された場合においては、すぐに弁護士に相談をすることで何らかの対応をすることが可能です。そもそも不当解雇とは不当な理由でクビにしてしまうことであり、次のようなことに該当します。例えば自分が業務上で好成績をあげているのにも関わらず、上司から個人的に好かれていない理由でクビにするケースがあります。

こういった場合においては正式な解雇ではないため、法律にも触れてしまい会社や上司が不法行為を行ったとして処罰されることがあります。 弁護士に相談する内容の中に不当解雇に関する内容がありますが、近年その理由として多くなっている案件を紹介します。

比較的多い理由として、女性が結婚や出産をしたことによって会社側が一方的に解雇通知を出すことがあります。これは女性に多い事例となっており、場合によってはパワハラとして処罰をされることもあります。また産休として休暇を取っている女性労働者に対しても、事前通告なしに会社で勝手に解雇処理をしてしまうことも違法になります。