時間外労働という言葉を聞いたことがあるという人であっても、それがどのようなものなのかを正しく理解している人は意外と少ないようです。時間外労働を知るためには、まず労働時間を理解する必要があります。
 
労働時間は実際に労働に従事している時間のことだけを指すわけではありません。具体的には、昼休み中であっても来客や電話の着信がある場合があります。このような時に対応しなければならない状況などがこれにあたります。また、その他にも制服や作業服などに着替える際の時間や参加することが強制されている教育訓練を受けた時間なども労働時間に含まれる場合があります。
 
逆に、労働時間に該当しない場合もあります。職場までの通勤時間や出張先への往復時間などです。ただし、取引先への運搬などを行う事が目的である場合には労働時間に含まれます。
 
会社が定めた所定労働時間を超えて働くことを時間外労働もしくは残業と言います。所定労働時間とは、法定労働時間内で会社が定めた労働時間のことを言います。法定労働時間は、労働基準法で定められている労働時間の条件のことを言い、1日8時間、1周間では40時間と定められています。この時間を超えて残業をする場合には、割増賃金を支払う必要があります。割増率については、働く時間などにより異なります。
 
この残業代が支払われなかった場合には、2年以内であれば、会社側に請求することが出来ます。
気になることがあれば、法律の専門家や労働監督署などに相談してみると良いでしょう。