ブラック企業やサービス残業という言葉が話題になるようになり、残業代について関心を持つ人が増えております。ここでは残業代についてとその時効についてを取り上げて簡単に説明をします。

まずは残業代についてです。働くときには所定労働時間があらかじめ決められていて、その時間を過ぎて労働をする場合が残業という扱いになります。そして残業をした場合にはその労働時間に対して賃金を上乗せして受け取る事が出来ます。

これは労働基準法でもきめられている事であり、会社が拒否する事は出来ないです。賃金の支払いをしたくないために、就業時間が過ぎたらタイムカードに打刻させてきちんと終わらせたように見せかけてから残業を行わせたり、自宅に仕事を持ち帰らせて行わせる事で残業ではないと主張する悪質な企業も存在します。

これらも残業とみなされますが、問題はその証拠です。不払いの賃金を請求する場合は、原告が客観的な証拠を提示する必要があり、証拠となるタイムカードの打刻がそもそもあてにならない場合や自宅での仕事は証拠集めが難しくなります。

また、未払い賃金には時効がありこれは二年と定められています。残業をして給料が支払われる予定だった日から二年の間は請求する事が可能です。それでは請求している間に雇用主が先延ばしにして二年過ぎてしまった場合はどうなるかというと、請求していれば時効の中断が発生しますので、逃げ得になるという事は無いです。ただ、最近ではそれも無視するケースがあるために、そうした場合は相手に未払いの賃金を払わせるプレッシャーをかけ続ける事も大切です。