未払いの残業代を巡って会社に残業代の支払いを請求する労働者が増えている傾向があります。労働者にとっては当然の権利ではあるのですが、請求をする場合には単に今まで未払いであった分の賃金を払うように口頭で請求するのではなく、きちんとした証拠を提示する必要があります。

たとえ本当の事を言っていたのでも、それだけではいくらでも虚偽の内容を申告する事が出来てしまうために、証拠としては扱われないからです。客観的な証拠を示す必要があるのです。そのために証拠収集をする必要がありますが、証拠集めは慎重に行う必要があります。

会社側に知られるような事をしては、会社に証拠隠滅させるきっかけを作る事になってしまいますし、それが元で不利な立場になってしまう可能性が高いからです。まず、証拠の基本としては雇用される時に渡された雇用通知書や労働契約書といった書類です。

この書類には給与の計算方法や残業代の支給に関する取り決めが書かれているために、未払い分の賃金を求めるためにも必要となります。また、タイムカードや日報があればそれは有力な証拠となるために、コピーなどは手元に残しておくのが良いです。

そうした有力な証拠が無いのであれば、会社のメールアドレスから自分のプライベートのメールアドレスへ残業している時間にメールを送る事なども有力な証拠となります。ただ、証拠を残すといっても自分でいくらでもあとから書き換えられる手帳へのメモなどは証拠能力は低いために、無いよりはマシだという程度となります。証拠を示すのは大変なので、慎重に集めるのが大切です。