残業をしているのにも関わらず、残業代が支払われないという企業は少なくなく、現実にはサービス残業という名前が産まれるほど悩みを抱えてる人々が存在します。
 
しかし、このような、支払われる事が無い状態の残業代について、請求を行う権利は2年という決まりがあり、これを超えると時効となる件について知る人は数少ないものです。
 
サービス残業は悩み続けず、早期の段階で専門家に相談する事で解決する事ができる可能性のある問題です。現在、労働者の権利意識が高まり、労働基準法改正により、1ヶ月60時間を超えた残業時間に対して割増賃金率の引き上げ等が行われ、未払い残業代請求を行う人も増加しましたが、未払い残業代に関し、個人が会社との雇用契約関係があるうちには請求をする事が困難という事情で、退職後又は退職間際での請求を行う人も増加しています。
 
しかし、2年間で時効となる為、何十年も勤務していても、時効分に関しては受け取れないという可能性もあるのが現状です。しかし、時効は、当事者による援用が無ければ、裁判所は裁判を行う事ができない為、未払いの金額について2年間以上の期間が経過していても、企業側が援用する事を述べなければ、未払いの金額は消滅しない為、労働者側が受け取る事ができる可能性が出てきます。
 
この内容に関し、どうしても支払いを求めたいという場合には、一度法的処理を行う事を専門としている方々に相談を行うと、より良い解決策を見つける事が出来る可能性があります。"