業務上において発生した事故の場合について、それが仕事上のトラブルと決定されると労災認定というものになります。弁護士の中にはこの業務を中心に扱っている方も多くおり、労働者のいざという時の味方として重宝されています。

基本的に労災と認定されるまでにはいくつかの流れがあるため、ある程度の経験や知識が不可欠となります。そのため素人では判断が付きにくい部分があるため、それを法律の専門家に判断してもらうことが出来ます。

労災認定という労働問題を中心に扱っている弁護士がいますが、そもそもどういった時にこれが発生する科紹介します。基本的に会社で仕事を行っている最中の出来事であれば、労災として認められることが多くなっています。一例として接客業として仕事をしている時に、品だしなどをしている時に怪我をしてしまった場合が該当します。

この場合には会社から労災として治療費を請求出来ることが多いので、費用については自分で負担をする必要はないです。

基本的に業務時間中に会社内で発生した事故については、弁護士に相談をすることで労災認定として認められることが多いです。しかし会社に行くまでの通勤時間でのトラブルについては、労災が認められないケースがあります。

例えば通勤途中でエスカレーターなどで足首を捻挫したというケースについては、労災が認められないことが多いです。このように会社に出勤する場合においては、怪我をした場合でも労災が認定されないことがあるので注意が必要です。