自己破産、過払い金請求、債権債務問題、遺産相続問題、離婚調停、慰謝料請求など、生きていれば様々な問題に直面することがあります。そんなときに利用するのが法律事務所です。

債務整理などは、自分で行うことも可能ですが、細々とした事務手続きや債権者とのやりとりなど、とにかく時間と手間がかかってしまうので法律事務所の弁護士に代理人を依頼するのが一般的です。

しかし、どの事務所に依頼すればよいのか、選び方について悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。選び方に悩んでしまった場合におすすめなのが、各地の弁護士会や自治体が行っている無料法律相談に参加してみることです。定期的に行われているので、弁護士会や自治体のホームページなどでチェックしてみましょう。

無料という性質上、すぐに定員オーバーとなってしまう可能性もありますので、余裕を持って計画的に申し込みをする必要があります。申し込みが完了したら、抱えている問題に関係する書類などをきちんと準備しておきましょう。無料法律相談の当日は、時間が限られているので、時間厳守で会場に向かうことが大切です。遅れてしまうとその分だけ相談できる時間も少なくなってしまいますので注意しましょう。

不安なことやわからないことは隠さずになんでも相談することが大切です。弁護士に問題解決の方針についてのアドバイスをしてもらったら、その弁護士に直接代理人として依頼することも可能です。問題解決は早いに越したことはありませんので、法律事務所選びもスピーディーに行いましょう。
 
過払い金の請求をするなら、弁護士や司法書士など法律の専門家にお願いすることです。個人でも債権者に対して請求をすることはできるのですが、業者によっては個人相手だと強気に出て返還に応じなかったり、返還できたとしても少なかったりということもあります。

それが実績のある事務所に依頼すれば、請求額満額に近い金額の返還を受けることができたりもします。また、依頼すればあとはすべて代行して手続きをしてもらえるのです。専門家に依頼をするときに、弁護士と司法書士どちらも過払い金請求の手続きを代行してもらうことができます。では、どちらに依頼をしたらいいのか、違いは取り扱える金額にあります。

司法書士の場合は、140万円までの債権を取り扱うことができます。これはトータルで債権額140万円までではなく、債権者1社あたり140万円までとなります。一方、弁護士は取扱できる債権金額に制限はなく、いくらの債権額でも対応ができます。制限がないのであれば、弁護士に依頼したほうがいいとなりますが、司法書士と比べて料金は高く設定されています。

その理由としては、過払いの案件以外にもさまざまな案件に対応できるため料金も高いのです。そこに違いがあります。そのため、債権額が140万円を超えるのか超えないのかでどちらに過払い金請求手続きを依頼するのかで、かかる費用もかわってくるので安いところで利用したいのであれば、料金で判断してもいいのです。